R-LiFE

管理人が気になるコトをダラダラと書いてるブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
VQ1015 ENTRY
Vista Quest のトイデジ VQ1015 ENTRY を ゲットイット が インターネットショップ プロキッチン にて 12月5日 より発売を開始しているそうです。気になるお値段は 4200円 とナイスな価格。あー、どうしようかなぁ(^^;;;;



この VQ1015 ENTRY は、ファームウェアを書き換えることでトイカメラのようなゆるい写真も、ノスタルジックなモノクロ写真も、青みの強い写真も撮影できたりするのが特徴なのです。ファームを書き換えないといけないんだけど、めちゃめちゃ簡単にできるので問題ないと思います。

ただし、Windows XP / Vista / 2000 でのみ対応ということ。詳しくは Vista Quest 日本公式ページ で確認をしてください。

楽天楽天



| comments(0) | trackbacks(0) |
Eye-Fiジャパン、公式サイトをオープン
日本法人 Eye-Fiジャパン が公式サイトをオープンし、年内に 2GB の Eye-Fi Share を発売すると発表しました。Eye-Fi は無線LAN機能の付いた SDメモリーカード で Eye-Fi Share は Flickr などのオンラインアルバムにアップロードする機能がついたものです。

Eye-Fi



Eye-Fi(アイファイ)は、デジタルカメラ専用の無線LAN内蔵メモリーカードです。操作は簡単。パソコンと無線LANを一度セットアップすれば、あとはデジタルカメラで撮った写真が、パソコンやオンライン写真サービスに自動保存されます。


Eye-Fiジャパン は、並行輸入や個人輸入などで手に入れた国内で発売している以外の Eye-Fi は「 国内で使用した場合、電波法に抵触する可能性がある 」と警告し、サポートなども行わないようです。

国外販売のEye-Fiカードは、日本で使用できますか。

米国から、並行輸入業者または、友人を通じてのご購入などにより、日本国内において、英語版のEye-Fiカードをご利用になられている場合、これらは日本国内での技術認証を受けていない製品となります。日本国内でご使用になられた場合は、電波法に抵触する可能性がありますので、ご注意下さい。


日本の公式サイトには書かれていないので現時点では断言できませんが、海外では Mac OS X にも対応していますので、写真を Mac に取り組むのが楽ちんになりそうです。いいですねぇ(^^

模様 関連エントリー
Eye-FiがLeopardに対応したそうです

| comments(0) | trackbacks(0) |
丈夫なSDメモリ「匠」
ATP Japan が 11月下旬 に発馬する SDメモリーカード はちょっと笑ってしまいましたが、結構こういうのがいいなぁって思いました。

様々な天候やメディアにとっても過酷なシーンでの工事現場でも、業務上などで使用する大切 なデータを最大限に保護できるように設計されております。

「工事現場<匠>」



1GB が 1980円、2GB が 2980円。少し高くなりますけど、データを保護できるのなら安いものです。すごいなぁ。


ニュースリリース ( リンク先 PDF )

| comments(0) | trackbacks(0) |
MWG、画像メタデータのガイドラインを策定
Adobe や Apple などが参加する Metadata Working Group は、デジタルの写真画像の検出、整理、検索に関する互換性を高めるための画像メタデータのコンシューマー向けのガイドラインを策定し、フォトキナ2008 においてカンファレンスを実施したそうです。

Metadata Working Group には Adobe systems、Apple、Canon、Microsoft、NOKIA そして SONY の 6社 が参加しており、写真画像のメタデータの互換性を高めるべく、メタデータの仕様の統一や利用に関するルールなどを行っていくそうです。

そうすることで、のちのアプリケーションなどで写真画像の取り扱いがラクになります。自動でグループ分けをしたりできるなど、利便性などを高めることができるとでしょうし、Apple でいえば iPhoto はもちろんですが、Spotlight など OS レベルでの検索の精度も上がるかもしれませんね。





Metadata Working Group のサイトに SPEC シート があったのでダウンロードしてみたんですが、さっぱりプーでした(^^;;; 興味のある方はダウンロードしてみてくださいね。

| comments(0) | trackbacks(0) |
米SONY、DSC-T500を発表
米 SONY が 9月 に米国で発売を予定している Cyber-shot DSC-T500 は、1000万画素の5倍ズームとスペック的には今ではそこそこな感じもしちゃいますが、このモデルの最大の特徴は MPGE-4 AVC / H.264 対応っていうところ。1280 × 720p の 30fps で最大10分間撮影が出来るそうです。

ただ、これ、いまのところ日本ではまだ発売するかどうかは発表されていないんですよね‥‥ 残念。



SONY のデジカメは MPEG-1 をメインにしているので MPEG-4 対応機というのは、数えるほどしかなかったんですよね。このモデル以降の動画は、すべて MPEG-4 AVC / H.264 でお願いしたいもんですよね ( って、まだ、これの日本国内の発売も発表されてないのに‥‥w ) 。

これが標準となると SONY の動画サイト eyeVio もしっかりと活用ができますよね。ハイビジョンの動画ってめちゃくちゃ楽しいですから、それを誰かに見てもらう手段として eyeVio はとてもいいですよ。


| comments(0) | trackbacks(0) |
SONY、デジカメ累計出荷1億台
昨日、キヤノンがデジタルカメラの累計出荷が1億台を突破したというニュースが流れたんですが、本日、SONY が同様に累計出荷が1億台を6月中旬に突破したと発表したようです。

SONY は、いまでこそ Cyber-Shot ( サイバーショット ) のみのラインナップとなっていますが、昔は マビカ もありました。こちらはフロッピーディスクやCD-Rに直接記録する変わり種でしたね。

Cyber-Shot の1号機は DSC-F1 だったそうです。



僕が始めて買ったデジカメはカシオの QV-10A ですが、その後に買ったのはちょっと間が開いて SONY の DSC-S50 です。これはいまでも使えますが、ちょっとでかいです(笑)



このころ 128MB メモリースティックを買うのって結構勇気がいったのに、いまでは楽勝で 8GB くらい買えますよね。進化が速すぎです(^^;;;

| comments(2) | trackbacks(0) |
SONY DSC-T77を発表
SONY が一番薄いところで 13.9mm というサイバーショット T シリーズのニューモデル CyberShot DSC-T77 を 9月5日 から 37800円前後 で発売をするということです。



DSC-T70 の後継ということで基本的なところは同じような感じですが、CCD が 1010万画素 になるなの強化は図られています。また、光学ズームも3倍から4倍に進化しています。

ただ、やはり相変わらずムービー機能は MPEG-1 です。


薄くてコンパクトなので気軽に持ち運べるのはいいですね。個人的には防水ケースがいいかもって思ってしまいました。価格もそれほど高くはないし、このデジカメを買ったひとは持っててもいいかもですよね。



このケース自体は 1.5メートル までの水深にしか耐えられないけど、ハウジングを使えば水深 40メートル まで潜れます。価格が高いのだけど、ダイバーの方とかだと嬉しいかもですよね。




プレスリリース


楽天 【送料無料】★ソニー SONY デジタルカメラ ソニーCyber-shot DSC-T77-P「サイバーショット...

| comments(0) | trackbacks(0) |
Xacti HD、DMX-HD800発売
三洋電機 は、ハイビジョン対応のデジタルムービーカメラ Xacti DMX-HD800 を 8月22日 から発売するそうです。店頭予想価格は 5万円前後 ということで、比較的安いスタート売価となっていますね。



旧モデルとなる Xacti DMX-HD700 との違いは、710万画素 CCD が 800万画素 CMOS になり、DMX-HD1010 と同じ画像処理エンジン「 プラチナΣエンジン 」を搭載し、3次元デジタルノイズリダクションも採用したなどで、デザインなどは HD700 と変わらないようです。

画質は見たことがないのですが、個人的に HD700 は室内の撮影での暗さが非常に気になるので、HD800 ではそこが解決されていると嬉しいのですが‥‥ どうなんでしょうね。

多少の欠点や画質が他社に負けてしまうことがあったとしても Xacti は楽しいデジタルカメラです。動画も静止画も、楽しんでこそいいものが撮れると思いますよ。

模様 関連エントリー
Xacti HDのニューモデル、DMX-HD700

| comments(0) | trackbacks(0) |
フルHD Xacti にニューモデル、DMX-HD1010
三洋電機 が フルハイビジョン の撮れる Xacti ( ザクティ ) の新製品 DMX-HD1010 を 6月20日 から発売を開始すると発表し、店頭価格は約12万円前後となるようです。カラーはダークシルバーとブラックの2色。


ニュースリリース

Xacti DMX-HD1010 は DMX-HD1000 の後継機種で、フルHD 時の最高ビットレートが 12Mnps から 14Mps へと変更し、画質の更なる向上をはかるとともに、新機能の スローモーションムービー も搭載しました。スローモーションムービー は 1秒間 に 300コマ の 300fps 撮影で、解像度は 448 × 336 ドットながら、最大10秒 ( 実動画は50秒 ) のスローな映像が楽しめます。

また、フルHD の撮影時に 30fps のモードが新たに追加されました。このモードで撮影をすれば、従来再生することのできなかった QuickTime での再生ができるようになります ( いまのところ 1920 × 1080i の 60fps モードは QuickTime では再生できないんです ) 。

あと、映像圧縮コーデックアルゴリズムの見直しや、ノイズリダクションなどの処理を向上させるなどし、輪郭描写なども従来モデルよりも格段に良くなり、暗い場所での録画性能もアップしたそうです。これ、本当なら嬉しいですよね。特に暗い所が弱かった Xacti HD シリーズには嬉しい改良点です。


基本フォーマットは MPEG-4 AVC / H.264 ですが、付属のソフトウェアで BDAV 形式や AVCHD 形式で書き出し、保存することが可能になっています。パソコン内で取り扱うデータとしては MPEG-4 AVC / H.264 のほうがいいと思いますが、PS3 や Blu-ray Disc レコーダー などでも再生することのできるフォーマットに変換できるのはいいですよね。ただし、Windows ユーザのみですが(^^

ただ、やっぱり本体が相変わらずデカイので気軽に持ち運びをするっていうような気にはなれないかもしれないですよね。せめて、DMX-HD700 より心持ちデカイくらいのサイズまで頑張って欲しかったかなぁっていうのが実感です。


模様 関連エントリー
フルHD対応の新Xacti、DMX-HD1000
Xacti HDのニューモデル、DMX-HD700
| comments(0) | trackbacks(0) |
サンヨー、水中撮影ができる Xacti DMX-CA8 発表。
三洋電機 が DMX-CA65 の後継機種となる Xacti DMX-CA8 を 5月下旬 から発売するそうです。店頭予想価格は 5万円前後 ってことです。前モデル同様に水深 1.5メートルまでなら防水 ( 60分以内 ) ということで、夏を楽しむにはもってこいのデジタルカメラですね。

基本的な機能は発売になったばかりの DMX-CG9 とそれほど変わりませんが、使用している CMOS は 800万画素 となります。


ニュースリリース


最近のサンヨーの Xacti は専用の USB端子 に変わってしまって、非常に不便です。 僕のもっているモデルだと DMX-CG6 は、普通の USB端子 ( miniタイプですが ) です。

ところが DMX-CA8 も DMX-CG9 も専用 USB端子 なんですよね。付属のケーブルがなくなったら、わざわざ純正の高いケーブルを買わなくちゃならないなんて思うと、、、ガッカリです。

もっとも理由としては分かるんです。この USB端子 は AV端子 にもなっているので、専用 AVケーブル を利用してテレビとの接続ができるようにしているため、どうしようもないのだと思います。

ただ、個人的にはそこまでは許せても DMX-CG6 で当たり前にできる USB端子 からの充電ができなくなってるってことが許せないんですよね。DMX-CG9 は出来ません。DMX-CA8 は、もしかしたらできるかもしれませんが、おそらく DMX-CG9 同様に出来ないと思います。

これ、不便なんです。

USB 端子付きの ACアダプター を持っているんですが、これが1つあれば、ニンテンドーDS も PSP も iPod も携帯電話も充電できるんです。もちろん、DMX-CG6 も充電できて、出張などのときにいくつも ACアダプター を持っていかなくていいので快適だったんですよね。

ところが、最近の Xacti は充電できない!!

AVケーブルを利用してのテレビ接続も大事だとは思いますけど、ぜひ、復活して欲しい機能だったりしますので、次期モデルではお願いしたいところです。


模様 関連エントリー
サンヨー、Xacti DMX-CG9 発表。
水中撮影が可能なXacti DMX-CA65
SANYO DMX-CG6が出た!
| comments(0) | trackbacks(0) |
page top   
1 / 10 pages >>

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
BLOGPEOPLE BLOG LIST
Link Me!! by BlogPeople



広告
BLOG TOOLS
あわせて読みたいブログパーツ
NINJA TOOLS
LINKS
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS